年頭のご挨拶

2022.01.01

フルーツ山梨農業協同組合

代表理事組合長 中澤 昭

 

明けましておめでとうございます。組合員の皆様、そして地域の皆様方には輝かしい新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

旧年中は、JA事業全般にわたり、格別なご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

昨年を振り返りますと、新型コロナウイルスにより、日本のみならず、世界中が混乱に脅かされた年ではなかったでしょうか。JAにおきましても、人の集まる大きな行事は全て中止を余儀なくされ、組合員の皆様には大変ご迷惑をお掛け致しました。

さらに、果物の生産販売面では、春先は順調な生育状況となりましたが、夏には長雨が続き雨量も多く、桃やブドウなどを中心に被害があり、品質の低下による収量減となりました。

しかし、そのような過酷な状況下でも、長年培った栽培技術とたゆまぬ努力により、品質の良い果物を生産することで、被害を最小限に抑えることができました。その結果、販売単価が上がり、令和3年度はJA始まって以来の180億円に迫ろうかという最高の販売高を見込んでおります。

昨年9月には、米国産日本スモモの輸入解禁といった衝撃のニュースが飛び込んで来ました。早急に、JA山梨中央会や山梨県農政部に働き掛け、山梨県知事や農政部長、中央会会長らと国に対し、経過説明や対策を要請しました。結果として、農水省の担当者が産地に出向き、経過報告と今後の対応について説明会が開かれ、県も補助金対応など一定の成果を得ることができました。

そして、JAにとっての大きな取り組みであります経営改革に伴う支所統廃合につきましては、着々とスケジュール通りに進んでおります。令和4年2月1日には経済支所を統合し、同年3月14日には山梨・八幡支所の信用・共済業務を集約します。今まで以上にご不便をお掛け致しますが、引き続きご理解とご支援をいただけますようお願い申し上げます。

また、県1JAにつきましては、令和3年11月12日に開かれた「第28回JA山梨県大会」において、合併の推進協議会を設立することが承認され、本年から本格的な協議に入る運びとなりました。今後も、理事会や組合員説明会を通じて協議・検討を重ね、慎重に方向性を示して参ります。

この年の始まりを大きな変革の年と位置づけ、組合員の皆様の声をしっかりと聴き、共に大きな山場を乗り越える所存でございます。新型コロナウイルスの一刻も早い収束を願うとともに、継続して感染拡大防止に努め、引き続き総合事業の機能と役割を最大限に発揮し、「食と農を基軸として、地域に根ざした協同組合」として、農業と地域を豊かにし、安心して幸せに暮らせる社会の実現を目指します。

本年が、組合員・地域の皆様にとって素晴らしい年となりますようご祈念申し上げ、年頭のご挨拶とさせていただきます。