もも

もも

 桃はおよそ200年前から山梨ですでに栽培されておりました。天候に左右されやすいものの、県内各地で多くの新品種が開発され、管内では日川白鳳、加納岩白桃などが輩出されています。

 管内は、緩やかな傾斜があり水はけや土壌、気候など桃の生産に最適な条件が揃っております。それぞれの地域で、温室や露地栽培、園地の標高が300~800メートルまでと特徴をもった桃が生産されております。

 「日川白鳳」、「加納岩白桃」、「白鳳」、「浅間白桃」、「一宮白桃」、「川中島白桃」を中心に、さまざまな品種が栽培されています。

ヘルシーメモ

 分解されやすいショ糖が主成分で、速効性のあるエネルギー源として貴重。また、水溶性食物繊維のペクチンが豊富で血中のコレステロールを下げ、血糖の上昇を抑制し、大腸がんを予防します。

食べる際の注意

 冷やしたももは美味しそうですが……冷蔵庫には食べる2~3時間前に入れてください。長時間冷蔵庫に入れると若返ります。(メロンやスイカも同じです)
 美味しく召し上がってください。

品種

  • 早生種

    • ちよひめ
    • 日川白鳳
    • 八幡白鳳
    • 加納岩白鳳
    • みさか白鳳
    • 夢しずく
  • 中生種

    • 白鳳
    • あかつき
    • 浅間白桃
    • なつっこ
    • 一宮白桃
  • 晩生種

    • 川中島白桃
    • ゆうぞら
    • さくら
    • 甲斐黄桃

出荷(販売時期)

主要品種の出回り時期

※気象条件により、出回り時期は多少変動します

ココに注目 夢みずき

夢みずき この桃は、早生のオリジナル品種として県が開発しました。2000年に「浅間白桃」に「暁星」を交雑し5年前に出願公表され、2013年に品種登録されました。品種名は、みずみずしい食味の特徴に由来します。

 「白鳳」系の大玉で糖度は高く、食味も優れていている桃です。(収穫時期は7月中旬~下旬)

 見かけたらぜひ一度手に取って食べてみて下さい。